いにしえからのお知らせ

News
ホーム > お知らせ > 2023年、大変お世話になりました。
お知らせ

2023年、大変お世話になりました。

2023年12月28日、今朝の山形・天童からの景色です。

西を見ると、左に「月山(がっさん)」、右に「葉山」、

東から朝日が上がってきます。

南西方向に朝日連邦、

北東に東根の山々、

南に舞鶴山。

 事務所のそばに小さな山があり、その神社からの眺めです。

 先ほど、今年の仕事を終え、お休みに入りました。


 今年の初めからスタッフが入社し、勉強会やイベント、商品づくり、マルシェの開催、そして社名も変更しました。
私たちは、何者で、何をするために集まったのか。
それを考え、それを自分たちにインストールする一年だったと思います。

 『薬に代わる食』で、多くの皆さまの健康に貢献したい、
そして 『あらゆる生き物と共生する農業の仕組み』を創り、育てる。

 その両方を実現する『プラネタリーヘルス』の視点で前進する。

 私たちの社会が自然から離れてしまい、バランスを失い、大きな方向転換を求められる時期に来ている、そう思います。今もなお拡張しているこの社会の形も、オムロンの創業者立石一真氏の「SINIC理論」にもあるように、いずれは自然と調和した道への徐々にシフトし、物質以上に精神性が導く幸福を求められていくものと考えます。

 だからこそ私たちは、目に見えないけど、たしかに感じ取ることができる『元氣』を与え合う関係性を重視して、事業に取り組んで参ります。

 マルシェ、勉強会、飲食事業、畑。
来年は、さまざまなところで皆さまとの接点を増やしていきます。
ぜひ私たちに会いに来てください。

 今年一年大変お世話になりました。

 年明けは、

・1月5日から営業、
・1月12,13日が最初のマルシェ、
・1月18日が「第一回暮らしの寺子屋」

です。よろしくお願いいたします。

この記事を書いたのは

Writer
アバター画像
代表取締役
伊藤誠
2007年ころから、「あらゆる生き物と共存する農業の仕組みを作る」と自分の方針を固め、自然栽培の農業研修を受け、自然栽培食品店の責任者をし、自然栽培の果樹園を拓きました。 農業に転職する時、「販売の得意な農家になれば、後発農家も優位に立てる」と考えてマーケティングを勉強し、それを活かして「やればやるほどに自然が豊かになる農業」に取り組んでいます。 『薬に代わる食』『人と地球の健康を改善する』『いのちを大切にする文化を育てる』そんなテーマに共感できる方々を前進していきたいと考えています。

関連記事

News

お問合せはこちらから