いにしえからのお知らせ

News
ホーム > スタッフコラム > 元氣を連鎖させて人を健康にする
スタッフコラム

元氣を連鎖させて人を健康にする

「苦労したことはなんですか?」

そんなことを聞かれることがありますが、
「特にありません。正しくはそこを意識していません。」
と答えています。

それは、苦労話を伝えるとそれがPRなどで使われたり、その商品の価値を伝えることに使われてしまうことがあるからです。
私たちは、「苦労」をお客様にお届けしたいのではなく、「良い氣」をお届けしたいのです。

私たちは、ファンづくりにおいて、その「ファン」の定義を作りました。
それは、
『元氣を与え合う関係』
です。

私たちは、お客様が健康になってもらうことを目的としています。

お客様とは、それを望んでいる方であり、この地球も含みます。
『病は氣から』
という言葉があるように、
氣を悪い方向に持っていくと病気になり、良い方向に持っていくと元気になる、
そう考えています。

だから、苦労話を探して、それをお客様に届けるようなことは、健康にしたいと想う我々の考えに合いません。それはお客様の氣を悪い方向に向けるようなことになりかねないからです。

私たちは、作物を育てる畑とまわりの生き物たちを元気にし、生産者も、運ぶ人も、加工場も、企画し、お知らせする人も、みんなの元氣を連鎖させて、お客様にお届けすることにしています。

そうすることでお客様が元氣になり、心身ともに健康になるお手伝いができるから。
そう信じています。

だから、私たちは、生産者もお客様も、加工場の職人さんも協力会社さんも、
みんなこのネークルの取り組みの全方位に熱狂的なファンを創り、
元氣を連鎖させて、人も地球も健康になるプラネタリーヘルスに向かいたいと思います。

この記事を書いたのは

Writer
アバター画像
代表取締役
伊藤誠
2007年ころから、「あらゆる生き物と共存する農業の仕組みを作る」と自分の方針を固め、自然栽培の農業研修を受け、自然栽培食品店の責任者をし、自然栽培の果樹園を拓きました。 農業に転職する時、「販売の得意な農家になれば、後発農家も優位に立てる」と考えてマーケティングを勉強し、それを活かして「やればやるほどに自然が豊かになる農業」に取り組んでいます。 『薬に代わる食』『人と地球の健康を改善する』『いのちを大切にする文化を育てる』そんなテーマに共感できる方々を前進していきたいと考えています。

関連記事

News

お問合せはこちらから