いにしえからのお知らせ

News
ホーム > スタッフコラム > うまくいっている人をモデリングする
スタッフコラム

うまくいっている人をモデリングする

知識とは、知っているだけで力になるものだと思っています。

それは、経験でも同じことが言えるのですが、私は、ある生産者のもとで1日一緒に働かせていただいた経験が、自分の圃場での農作業を考える上でいまも重要な指針となっていることがあります。

それは、15haほどの畑を社長含め5名で営農している千葉県銚子市の野菜生産者に一日お手伝いをさせていただいた時です。

朝礼から、就業までをそこのスタッフと一日を一緒に過ごしたとき、何年も掛けて蓄積され、改善された作業内容を体感するとともに、作業だけでなく社長の哲学が細部まで浸透していて、これまで見てきた生産者さんとはまるで違う効率の良さと、無駄のなさを知ることができました。

今やっている『方法(手段)』と、それが『なぜそうなったのか?(理由)』の二つを知ることができれば、私も同じような効率で作業を完了できます。

何年も繰り返し作業する中で工夫を加え進化した作業を、私は、その一日で受け取るこことでできたのです。

つまりそのレシピを手に入れることができれば、同じような結果を得られることができる、100%でなくても70%で再現できれば、素人の私にとって、こんな超効率的にスキルを身につけられる時間短縮法はありません。

その銚子の生産者さんの下でお手伝いすることがいい勉強になると、十人以上におすすめしたのですが、実際に行ったのは、二人だけ。

ノウハウを学ぶ時、「効果が分からないとやらない」「納得できないとやらない」「わからないことはやらない」「そこまでやる必要があると思えない」と、足を止めてしまうことがあります。

ですが、「やってから理由を知る」もスキルを身につける良い手段だと思います。

うまく行っている農家さんのやり方を徹底的に真似して、結果が出てからそれがいい結果をだせる理由を知ればいいと思います。

これをモデリングというのですが、お勧めです。

ちなみにモデリングするときのポイントは、

模範になる人を決め、動き(スピード、姿勢、力点、緩急など)、視点(意識していること、目的、目線)、感覚(重さ、感情、テンション)など、その作業している姿をのままを真似してやることです。

また、経営スタンスなどを学ぶ場合は、スタッフとの話し方や作業スペース、歩き方、などなんでもいいので、とことん真似します。

モデリングする時は、理由がわからなくても真似してみる。やってみたあとで理由を聞いてみる。そのくらいがちょどいいと思います。

知識とは、知っているだけで力になるものだと思っています。

それは、経験でも同じことが言えるのですが、私は、ある生産者のもとで1日一緒に働かせていただいた経験が、自分の圃場での農作業を考える上でいまも重要な指針となっていることがあります。

それは、15haほどの畑を社長含め5名で営農している千葉県銚子市の野菜生産者に一日お手伝いをさせていただいた時です。

朝礼から、就業までをそこのスタッフと一日を一緒に過ごしたとき、何年も掛けて蓄積され、改善された作業内容を体感するとともに、作業だけでなく社長の哲学が細部まで浸透していて、これまで見てきた生産者さんとはまるで違う効率の良さと、無駄のなさを知ることができました。

今やっている『方法(手段)』と、それが『なぜそうなったのか?(理由)』の二つを知ることができれば、私も同じような効率で作業を完了できます。

何年も繰り返し作業する中で工夫を加え進化した作業を、私は、その一日で受け取るこことでできたのです。

つまりそのレシピを手に入れることができれば、同じような結果を得られることができる、100%でなくても70%で再現できれば、素人の私にとって、こんな超効率的にスキルを身につけられる時間短縮法はありません。

その銚子の生産者さんの下でお手伝いすることがいい勉強になると、十人以上におすすめしたのですが、実際に行ったのは、二人だけ。

ノウハウを学ぶ時、「効果が分からないとやらない」「納得できないとやらない」「わからないことはやらない」「そこまでやる必要があると思えない」と、足を止めてしまうことがあります。

ですが、「やってから理由を知る」もスキルを身につける良い手段だと思います。

うまく行っている農家さんのやり方を徹底的に真似して、結果が出てからそれがいい結果をだせる理由を知ればいいと思います。

これをモデリングというのですが、お勧めです。

ちなみにモデリングするときのポイントは、

模範になる人を決め、動き(スピード、姿勢、力点、緩急など)、視点(意識していること、目的、目線)、感覚(重さ、感情、テンション)など、その作業している姿をのままを真似してやることです。

また、経営スタンスなどを学ぶ場合は、スタッフとの話し方や作業スペース、歩き方、などなんでもいいので、とことん真似します。

モデリングする時は、理由がわからなくても真似してみる。やってみたあとで理由を聞いてみる。そのくらいがちょどいいと思います。

この記事を書いたのは

Writer
アバター画像
代表取締役
伊藤誠
2007年ころから、「あらゆる生き物と共存する農業の仕組みを作る」と自分の方針を固め、自然栽培の農業研修を受け、自然栽培食品店の責任者をし、自然栽培の果樹園を拓きました。 農業に転職する時、「販売の得意な農家になれば、後発農家も優位に立てる」と考えてマーケティングを勉強し、それを活かして「やればやるほどに自然が豊かになる農業」に取り組んでいます。 『薬に代わる食』『人と地球の健康を改善する』『いのちを大切にする文化を育てる』そんなテーマに共感できる方々を前進していきたいと考えています。

関連記事

News

お問合せはこちらから